【おススメの本】紀國なつみ

こんにちは!すっごく、お久しぶりになってしまいました。

最近、「予定表の裏になんにも書いてないですね~」

と生徒さんに、指摘され、とても反省して書いています(笑)!

 

さて、今日はおススメの本をご紹介いたします!

 

🏵️菊池和子著『指の魔法』(集英社インターナショナル)🏵️

 

 この本は、「きくち体操」で有名な菊池和子さんの本です。

最近、体が痛くても、希望をもってできる、いい体操はないかなと、探していたんです。そういえば、きくち体操の先生はご高齢だったなと、思い手に取ってみました(菊池先生は、90歳になったそうです!現役でクラスを持たれているそうで、動画も拝見しましたが、声もお姿も若々しくて、すごーくすてきでした!)。

 

 こちらの本は、題名のままで、手と足の指をほぐす大切さについて、書かれています。漫画やイラストで動きの解説があるので、とっても読みやすいです。柔軟性がなくても、できる動きばかりです。いつもの教室で行っている動きも、たくさんあります。たくさんありますが、より細かいアプローチが多くて、(同じ動きだと、刺激にならないよね~)と思っているわたしには、うれしい内容でした!

 

その中でも筋肉と脳(意識)つなげることが、すごくていねいに解説されています。筋肉に意識を向けるって、かんたんに言いますが、よくわからない…?と感じられる方も多いと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「一本一本の指をしっかり見て、触ってください。」

 

「かかとは鈍感ですから、爪を立てるくらいの気持ちでしっかり刺激しましょう。」

 

「足の指を触るのは脳をさわっているのと同じ」……

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

文章がとても具体的で、どうやって意識を向けるのかが書かれています🤘

 

しかも、「なんのために」その動作を行うのかまで、しっかり書かれているので、希望を持って取り組めるすばらしい本だと思いました。

 

わたしは、この本の、37ページの手の指の縮みを解消する動きが、気に入りました。クラスでも、どんどんとりいれていきたいと思います。

 

似たような本がたくさん出版されていますが、菊地先生の本は、勇気とやる気を与えようとしてくれてるところが、わたしは好きです🏵️

 

雑誌で、動きのみの紹介はご覧になられたことがあるかもしれませんが、雑誌では菊地先生の考え方までは、わかりません。

 

この本を読んでみると、なにより大切な、エッセンスが理解できるので、読んでみてくださいね。

 

図書館で借りてみたらいいと思います!📖

 

これからも、ちょっとづつの進化を目指して、一生お世話になる、自分の体へのいたわり&感謝をこめて、クラスに向かいたいなと思っています!

(なつみ)